一生に一度だから特別なことをしたい新郎新婦様必見!お手本にしたい結婚式サプライズ演出

最近結婚式で人気のサプライズ演出。
ゲストや新郎新婦様も予期せぬ演出に驚き、盛り上がる演出ですよね。
筆者もカメラマンとして多くの披露宴を見てきましたが、感動的なサプライズや会場全体が盛り上がるサプライズなどカメラマンとしても見ていて楽しめる演出がたくさんありました。

SNSの投稿やYoutubeなどにもたくさんあがっているサプライズ演出の写真や映像。
これから自分の披露宴でサプライズ演出をしたいという方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、披露宴でお手本にしたいサプライズ演出をご紹介させていただきます。

 

**ただいま「プレ花嫁応援企画!クリスマスプレゼントキャンペーン」を実施中**
応募期間は2017年12月17日(日)まで!
詳しくは下記URLをチェック!
https://freakyworks.com/blog-campaign01/

 

 


 

目次

01.ゲストから新郎新婦様へのサプライズ
02.新郎新婦様からゲストへのサプライズ
03.家族へのサプライズ
04.新郎様から新婦様へ、新婦様から新郎様へのサプライズ
05.プロに依頼するサプライズ

 


 

 

  01.ゲストから新郎新婦様へのサプライズ

 

ゲストが新郎新婦様には内緒でサプライズ演出を企てていることも多い最近の披露宴。
新郎新婦様の驚いたり、泣いたり、笑ったりするリアクションが楽しみなんですよね。
これまであったゲストからのサプライズをご紹介します。

 

■新婦様の教え子の園児たちからのサプライズ合唱

園児04 
出典元:AQUALUXE

幼稚園の先生である新婦様の教え子の園児たちが、お母さん達と一緒にサプライズで登場。
みんなで一生懸命にけなげに先生のために歌を歌う姿を見て、新婦様は感動して思わず泣き出しました。
その姿を見て、園児のお母さん達やゲストも思わずもらい泣き。
涙は伝染します。

 

■サプライズのビデオメッセージ

メッセージビデオ344

結婚式には招待出来なかった人や、遠方で列席出来なかった友人、学生時代の恩師、職場の同僚などからのビデオメッセージは意外性もあり、新郎新婦様にとても喜ばれます。
披露宴は、遠方に移り住んでいて来れなかったゲストがいたり、会場のスペースが限られていて全員を呼ぶことが難しいなど、招待客の人数を調整しなければならないことがあります。
どうしても列席出来ない人が出てくるのは仕方がないことですが、少し残念な気持ちが残りますよね。
その列席出来ない方達から思いがけずビデオでメッセージを伝えられると、そこにいなくてもすぐそばで祝福されているような気持ちになり、感動します。
列席者も、新郎新婦様の馴れ初めや人柄を知ることができるので、おすすめです。

また、学生時代からの友人達からの思い出の写真を作って作成したムービーを上映するサプライズも喜ばれます。
共有してきた時間を映像という形にすると、一緒に過ごしてきた楽しい思い出が蘇り、懐かしくもあり、感慨深いものになります。
定番のサプライズ演出ですが、新郎新婦様やゲストが盛り上がる演出のひとつです。

 

■列席出来なかった新婦友人からの手紙

手紙アップ02
出典元:手紙の書き方

 

遠方で子供も小さいため、やむなく列席を断念したご友人。
でも手紙だけは書きたいと思い、そのご友人手紙を司会者が代読。
これには新婦様も感激して号泣していました。

 

 

 02.新郎新婦様からゲストへのサプライズ

 

464 465

誕生日が近い新婦友人へのサプライズプレゼントは、まさかお祝いに来た自分がお祝いされるという驚きと喜びで新婦様のご友人も感激していました。
また、新郎新婦様共通のご友人夫婦の結婚記念日が近いということで、突然のお祝い&プレゼントというサプライズもありました。
思わぬサプライズにご友人夫婦はとても感動されていました。

 

 

 03.家族へのサプライズ

 

■新婦お母様から新婦様へのベールダウンのサプライズ演出

120

清浄のシンボルであり、邪悪なものから花嫁を守るといわれるウェディングベール。
ベールダウンは、そのベールを結婚式が始まる前にお母様がおろすことで、娘を新しい人生へと送り出すという意味があります。
ベールダウンの演出があるというのはあえて内緒にしておいて、当日に母親にベールダウンを頼むサプライズもあります。
ベールをおろす時、これまで娘と歩んできた人生と、新しい人生を歩んでいく娘の姿を重ね、自然と涙をこぼすお母様。
これまでの挙式で何度も見てきたシーンではありますが、いつ見てもこちらまで感動するものがあります。

 

■ご両親へサプライズ挙式

披露宴の途中、結婚式を挙げていなかった新郎様のご両親へサプライズ挙式もありました。
お母様がベールを付けて、お父様からお母様に指輪交換。それはこれまでの結婚生活の感謝の意味も込められていたのかも。
お父様は照れくさそうにして、お母様は涙をこぼされていました。
若い頃はお金もなく結婚式を挙げられなかったご両親。
お父様はお母様に結婚式をさせてあげられなかったのが心残りだったようです。
そんなご両親に、これまで育ててくれた新郎様からの感謝の気持ちを込めたプレゼントに
新郎新婦様もゲストも思わず涙を流しました。
気付くと隣にいた式場のスタッフもうっすら涙を浮かべていました。

 

■サプライズバイト

ラストバイト02
出典元:BLANCA

ケーキ入刀後、新郎新婦様がお互いにケーキを食べさせ合うのが「ファーストバイト」。
海外では定番の演出でしたが、日本の結婚式にも取り入れられて、今では結婚式では定番の演出のひとつです。

「ラストバイト」はお互いのご両親からケーキを食べさせてもらう演出で、「サンクスバイト」は、今まで育ててくれたご両親に、新郎新婦様から感謝の気持ちを込めて、ケーキを食べさせてあげるという素敵な演出です。
そのラストバイト&サンクスバイトを当日、ご両親を巻き込んで行う「サプライズバイト」。
ファーストバイトは定番中の定番ですが、ご両親に参加していただくラストバイト&サンクスバイトは意外性があり、新郎新婦様が両家ご両親と食べさせあう姿に、思わず「ほっこり」してしまいます。

 

■中座

中座(姉妹)01
出典元:ゼクシィ

お色直し退場のエスコート役に、サプライズで兄弟(姉妹)を指名して、一緒に歩いて中座する演出も多いですよね。
大人になった今、「手を繋ぐ」「腕を組む」ことに照れくささはあるものの、いつも一緒に遊んでいた子供の頃を思い出させてくれます。
その兄弟(姉妹)を見ていたご両親も子供の頃を思い出し、笑ったり涙を浮かべたり。
中には、一緒に歩く前に兄弟(姉妹)に手紙を読み上げる方もいらっしゃいました。
子供の頃はいつも一緒で仲が良かったけれど、思春期になり何かと喧嘩が多くなって、徐々に疎遠な関係になる兄弟(姉妹)も多いかと思います。
大人になったから今だからこそ、そして披露宴という特別な場だからこそ言える言葉があります。
見ている親族、ゲストも泣ける演出でした。

 

 

 04.新郎様から新婦様へ、新婦様から新郎様へのサプライズ

 

結婚式で、改めて新婦様に感謝の気持ちを伝えたい!相手から思いもよらないサプライズにお互いが感動する演出です。

 

■お互いへサプライズプレゼント

新郎からのサプライズプレゼント
出典元:Pure

 

定番なのがサプライズプレゼント。時計、アクセサリー、花束などが喜ばれますね。
あらかじめそれぞれのご友人に新郎新婦様がお互いに欲しがっているものをリサーチするのも手かと思います。
また、新郎様へのプレゼントは財布や名刺入れなど仕事に使えるものなら実用性があります。
それぞれのアイテムは、名前や結婚記念日を刻印したオリジナル品としてプレゼントするとより特別なものになります。
また、プレゼントを渡すときはひとこと添えて渡すとより気持ちが伝わります。

 

■新郎様から新婦様へ手紙

381

新郎様が新婦様への感謝の想いを手紙にして読み上げます。
女性は手紙を書く事はめずらしくありませんが、男性が手紙を書いて、それを実際に新婦様の目の前で読み上げるというのは、めったにないことだと思います。
この意外性が感動を呼びます。
また、手紙は結婚式後に新婦様が大切に保管して、ケンカした時などふとした時に読み返すと、結婚式あの日の感動が蘇り、「幸せで特別な1日」に戻れるのではないでしょうか。

 

■新郎様からプロポーズ

Proposal in the street with a man asking marry to his happy girlfriend

意外と「プロポーズ」をしていないカップルは多いです。
もう結婚してるんのにわざわざ改めて言う必要はないのでは・・・という男性の声も多いのですが、女性にとっては、プロポーズは夢であり儀式なんです。
皆様の前でプロポーズするのは照れくさくはありますが、皆様の前で宣言することで新郎様はより責任感が生まれ、新婦様にとっては感動的で一生忘れられない素敵なサプライズになりますよ。

 

■新郎様からのサプライズの歌

新郎歌サプライズ01
出典元:結婚式二次会サプライズ演出.com

 

新郎様が新婦様の為に、2人の思い出の曲を歌いあげたこともありました。
新婦様は、その曲を一緒に聞いた時の思い出が蘇ってきたのか、感動して泣きながら喜んでいました。

 

結婚式で歌を歌うというのは勇気のいることだと思います。
しかしながら、新婦様の為に一生懸命練習してきて、精一杯歌っているのが伝わればきっと歌ってよかったと思れるはずです。

これでもかというくらいの情熱を込めると新婦や列席者には伝わるんですよね。

 

■新婦様と新婦様の友人が揃ってサプライズのフラッシュモブ

フラッシュモブ外人01
出典元:ゼクシィ

 

フラッシュモブとは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為です。

出典元:Wikipedia

 

今、日本の結婚式でもサプライズ演出として、フラッシュモブが流行っています。ご友人の結婚式で見たことのある方も多いのではないでしょうか。
結婚式式場のスタッフに扮したゲストがBGMが流れると同時に突然踊りだして、手拍子しているゲストも席を立って踊りだし、最後には新婦様も一緒に踊りだし、会場のボルテージは最高潮に!

スタッフに扮したゲストがキレのいいダンスを披露し、そして新婦様もフラッシュモブに参加。
新郎様にとって、驚きと共に一生の思い出になったと思います。

 

 

 05.プロに依頼するサプライズ

 

サプライズは新郎新婦様やゲストが行うだけでなく、最近はプロに依頼する新しいサービスもあります。
新郎新婦様やゲストが作るサプライズは温かみがあります。
しかし、プロだからこそできるクオリティを提供するサプライズ演出専門の会社もあるのです。

 

■フラッシュモブ

新郎新婦様やご友人の仲間でフラッシュモブを企画して、結婚式でサプライズ披露する方は最近多いですよね。
ただ、普段仕事をしながら綿密な打ち合わせや準備、練習をしなければならないので時間と労力はかかります。
さらに演出のクオリティまで求めてしまうとなかなか大変ですよね。
そこで、フラッシュモブをプロデュースしている会社に依頼するという方も最近増えているようです。
その会社に依頼すれば、プロダンサー派遣、演出構成、打合せ、レッスンなどのサービスが受けられます。
料金は会社によって違いますが、おおよそ20万円+交通費+オプション(ビデオ撮影など)くらいの料金がかかるようです。

 

上記の動画は、今流行りの恋ダンスですが、司会者のマイクトラブルでマイクの調子を見にきたと思われるスタッフが突然、恋ダンスの生歌を歌い出し、その後女性2人が恋ダンスを始めます。
とにかく歌がうまく、ダンスのキレがいい!
最後には新郎様だけでなく新婦様や親族もフラッシュモブに参加して、会場は大いに盛り上がっています。

 

■『演劇 サプライズ演出』

 

こちらは最近メディアでも取り上げられているサービスですが、新婦様の手紙を読み上げる前に突然、ご両親のもとへ小さな子供が現れます。
そう、この子供は新郎様、新婦様の幼少期を演じる子役なんです。
ご両親もゲストも最初は何が起きたかわからず困惑していますが、子役が新郎新婦様の子供の頃のエピソードを話していくうちに、この子役は自分の息子・娘の幼少期を演じているということがわかってくると、ご両親はこらえきれず涙を浮かべます。
幼少期→学生→社会人と、新郎新婦様の役者はそれぞれ3人ずつ登場し、両親とのエピソードを語ります。
ご両親だけでなく依頼者の新郎新婦様をはじめ、列席者も涙をこぼすのです。
見ていると自然と涙がこぼれてしまう素敵な演出です。

 

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
パターン別にサプライズをまとめてみました。
サプライズは仕掛ける対象者に内緒で、緻密な計画と準備が必要になります。
普段仕事をしながら合間に協力者を集めて準備をしなければならず、時間と労力はかかりますが、
サプライズが成功した時の喜びや感動は結婚式の醍醐味でもあります。

新郎新婦様やゲストがその演出を楽しんでくれたり、感動してくれている姿を見れば、時間と労力をかけてよかったと思えます!

結婚式は一生に一度なので、サプライズを行うかどうか悩んでいる方には是非行うことをおすすめします!

 

 

jun

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP