あなたにピッタリの挙式スタイルを見つけたい方必見!|人気の3大挙式スタイルとは<PART.1>

これから結婚式をしようと考えているあなた。どのような結婚式にしたいと思っていますか?

ウェディングドレスを着て、バージンロードを歩くのが夢だった!
せっかく日本人に生まれたのだから、白無垢を着て神社で結婚式を挙げたい!
型にはまらず、自分たちらしくアットホームに行いたい!

人によって『どうしたいか』はさまざまです。
中には具体的に固まらない、どうしたいかわからないという方もいるはず。

そこで今回はあなたにピッタリの挙式スタイルを見つけたい方必見の人気の3大挙式スタイルについてご紹介いたします。

 


 

目次

01.日本の結婚式の成り立ち
02
.人気の3大挙式スタイル
03.厳かな雰囲気のチャペルで結婚式をしたい方におすすめ【教会式(キリスト教式)】
(1)教会式はこのような思いを抱いている方におすすめ
(2)教会式の魅力とは
(3)教会式の流れについて
(4)教会式で行われる儀式の意味

 


 

 01.日本の結婚式の成り立ち

 

神社

あなたは日本の結婚式の成り立ちについてご存知ですか?
こう問いかけられるとほとんどの方が答えに困ってしまうと思います。
そこでまずは日本の結婚式の成り立ちについてご説明をさせていただきます。

日本の結婚式の成り立ちを説明するには平安時代までさかのぼります。
日本の挙式スタイルは、新郎様が新婦様の家に入る、いわゆる婿入り婚が一般的でした。

その後、鎌倉時代に入ると、反対に嫁入り婚という形が一般的になっていきました。

結婚は『家と家の結びつき』という考え方が重視されてきた江戸時代になると、「祝言(しゅうげん)」という、自宅で行う結婚式が中心になりました。
新婦様が新郎様の家に嫁入りし、両家のご両親や親族を招いて、今でいう披露宴のような祝いの席がもうけられました。

明治時代には、西洋の結婚式文化の影響で、皇族の間で人前結婚式や神前結婚式が行われるようになりました。
その影響からか、それまで自宅での結婚式が一般的だった庶民の間でも、神前結婚式が広まるようになりました。

やがて1964年の東京オリンピックを境に、東京では多くの大型ホテルが建設されました。しかし、オリンピックが終わると各ホテルは集客に悩み、たくさんある宴会場を持て余すことになってしまっています。
そこで各ホテルは、ホテル内に簡易的なチャペルや神殿など挙式ができる設備を整えることで挙式+披露宴を行うことができる、いわゆる「総合結婚式」を行うようになりました。
自宅で結婚式を挙げる事が出来ない客層を対象に、ホテルでの結婚式が大流行しました。
ここが現在の結婚式の原点となります。
ホテルでの結婚式が大流行した後、現在では結婚式を専門に行う結婚式場やゲストハウスが増加し、さまざまなスタイルでの結婚式が可能となっています。

 

 

 02.人気の3大挙式スタイル

 

Abendmahl Kelch Hostie Bibel Kreuz

日本の結婚式の成り立ちをお読みいただき、挙式にもさまざまなスタイルがあることがわかったと思います。
最近の結婚式では人気の3大挙式スタイルがあります。

チャペルで神に結婚を誓い、愛の証に指輪を交換する誰もが憧れる【教会式(キリスト教式)】
形式や格式にとらわれない自由で自分たちらしく演出できる【人前式】
神社や神殿などで日本の伝統的なスタイルで行われる【神前式】

では、どのくらいの割合でどの挙式スタイルが選ばれているのでしょうか?
「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ」では下記のような結果となっています。

1位:教会式(キリスト教式)・・・53.7%
2位:人前式・・・26.5%
3位:神前式・・・17.0%
その他・・・2.7%

1位は根強い人気の教会式。結婚式=教会式をイメージする方が多いと思います。
各結婚式場の雑誌特集やテレビCMなどでもウェディングドレスを着用した花嫁さんやチャペルでの挙式を目にすることが多く、結婚式の定番のイメージを抱きやすいのもその理由にあります。

2位は形式や格式とらわれない自由な演出ができるという理由から人気がでてきた人前式。
欧米の影響も受け、おしゃれな花嫁さんたちの間で人気のスタイルです。また、最近ではかしこまらずに自分たちらしくアットホームに行えるという理由からも従来の結婚式とは違う形で結婚式を行いたいという新郎新婦様に支持をされています。
先ほどご説明させていただいた通り、実は人前式は日本の挙式スタイルの原点でもあるのです。

3位は日本の伝統的なスタイルで再び人気がでている神前式。最近の「和婚ブーム」の影響から、色打掛や白無垢を着て神社で挙式をしたいという新郎新婦様も増えています。教会式が当たり前になってきている今だからこそ、日本人本来の和装での挙式スタイルが新鮮で好印象に思われるという理由もあります。

 

それぞれ特徴があるからこそ、人気がわかれる挙式スタイル。

そもそも挙式スタイルがよくわからない!
それぞれの魅力ってどこにあるの?
私たちにあった挙式スタイルってなんだろう?
やりたいことの何を優先していいのかわからない・・

そんなあなたに向けて、次項では3大挙式スタイルの魅力や特徴・おすすめポイントと流れなどについてご紹介いたします。

 

 

 03.厳かな雰囲気のチャペルで結婚式をしたい方におすすめ【教会式(キリスト教式)】

 

Beautiful candle wedding decoration in a church

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ」でも一番人気だった教会式。
多くの新郎新婦様が選ぶ挙式のスタイルです。

ここでは、教会式についてのより具体的な説明をしていきます。

 

(1)教会式はこのような思いを抱いている方におすすめ

・ウェディングドレスを着てベールやグローブをつけた、いわゆる「正装」で挙式をしたい
・バックスタイルが綺麗なウェディングドレスを着て挙式をしたい
・長いベールをつけて父とバージンロードを歩くのが夢だった
・結婚式場を決める時にチャペルが決め手になった
・厳かに、より感動的に挙式を行いたい
・たくさんの方に見守られて挙式をしたい
・ベールダウンやバージンロードなど、家族の絆を感じられる挙式にしたい

 

(2)教会式の魅力とは

私が考える教会式の一番の魅力は「感動的な挙式にしたい」という思いを実現できること。
賛美歌斉唱や牧師様による聖書朗読でチャペル内は厳かな雰囲気に包まれます。
また進行もゆっくりと行われるため、ひとつひとつの儀式がゆったりと進行していきます。
天井が高いチャペルやステンドグラスなど、チャペルの雰囲気を大切にしながら結婚式を挙げることができるのが最大の魅力です。

 

(3)教会式の流れについて

1.新郎新婦入場

まずは新郎様が先に入場し、祭壇前で入場してくる新婦様を待ちます。
次に新婦様が入場。お母様にベールを下げてもらい、お父様のエスコートでバージンロードを歩き、祭壇前で待つ新郎様に受け渡しをします。
※バージンロードのエスコートはお母様やご兄弟姉妹・その他の親族にお願いすることも可能(ベールダウンも同様)、新郎新婦様おふたりで入場することもあります。

097 045

108 111

 

2.賛美歌斉唱

列席者は全員起立をして賛美歌を歌います。

116 123

 

3.聖書朗読

牧師が聖書を朗読し結婚や愛についての教えを伝え、神に祈りを捧げます。

128

 

4.結婚の誓約

牧師が新郎新婦様それぞれに結婚に対する意思の問いかけをし、新郎・新婦が答える形で結婚を誓約します。

129

 

5.指輪交換

結婚の誓約としてお互いの薬指にそれぞれ指輪をはめます。新郎様から新婦様へ、新婦様から新郎様へ順番に行います。

070

 

6.誓いのキス

新郎様が新婦様のベールをあげて、誓いのキスをします。

074 142

 

7.結婚証明書への署名

新郎様、新婦様、牧師様または証人の順番で結婚証書にサインをします。

144 149

 

8.結婚宣言

新郎様と新婦が手を重ね、その上に牧師様が手を置いて祈祷を捧げます 。
牧師様が、ふたりの結婚が成立し、夫婦になったことを列席者全員に報告します 。

163

 

9.新郎新婦退場

列席者全員で再び賛美歌を斉唱します。新郎新婦様は腕を組み、ゲストに拍手など祝福をされながらバージンロードをゆっくりと歩いて退場します。

184

 

10.アフターセレモニー
挙式後にフラワーシャワーやブーケトスなどのセレモニーを行います。

※一般的な流れとなっておりますので、順番が前後したり内容が省かれることもあります。
詳しくは各結婚式場までご確認ください。

 

(4)教会式で行われる儀式の意味

<ベールダウン>

「ウェディングベール」は、邪悪なものから花嫁を守ると言われています。
新婦様とお父様がバージンロードを歩く前に、新婦様を邪悪なものから守る為にお母様に新婦様のベールを下げてもらうのが「ベールダウン」
ベールダウンは、チャペルに入場した後にチャペルのドア付近で行うこともあれば、ブライズルームなど別室で事前に行うこともあります。

バージンロードは、これまでの新婦の人生を意味しています。
まさにその人生を歩む前に、これまで愛情いっぱいに育ててきた大切な娘をお母様が送り出す儀式なのです。
ベールを下げる時、お母様はこれまで娘と歩んできた道を振り返り、思わず涙が込み上げてくるシーン何度も見てきました。

Bride you are over the veil

●ベールダウンを行う際のポイント●

この時、お母様がベールを下げやすいよう新婦様は腰をかがめるのですが、前がかみの姿勢にならないようにすることがポイントです。
前かがみの姿勢よりも、背筋をピッと伸ばして、足は前後に開いた状態で腰を垂直に降ろすと、きれいな姿勢になります。

また、ブライズルームなどチャペル以外の場所で事前にベールダウンをするのもおすすめです。
個室で行われるベールダウンは、新婦様とお母様、新婦様のお父様と挙式前に一緒に過ごすひとときとなります。
大勢に見守られるチャペル内のベールダウンとは違い、お母様から「幸せになるんだよ」など母と娘の言葉のかけあいもしやすくなりますね。
お母様の言葉に「今日お嫁に行くんだ」という実感が込み上げて、思わず涙ぐむ新婦様も多いですよ。

また、マリアベールを選んだのでベールダウンをすることができない新婦様は、ベールダウンの代わりにお母様からネックレスをつけてもらう事もあります。素敵だと思ったマリアベールを選んだけれど、お母様との儀式も大切にしたいという場合、他に考えてみてもいいかもしれないですよね。

 

<バージンロード>

バージンロードは、チャペル入口から祭壇までのびる道のことをいいます。

このバージンロード、実は和製英語なんです。英語では“the aisle”(アイル)といいます。
キリスト教には主にカトリックとプロテスタントという2つの宗派があります。
バージンロードの色は、カトリックの教会では赤、プロテスタントの教会では白です。

日本のホテルや結婚式場に併設されている結婚式専用チャペルでは、特に厳格な決まりはないようです。
バージンロードは、今まで歩んできた新婦様の人生を意味しており、それは花嫁の純潔さの象徴でもあります。
それゆえ、新郎新婦様や両親以外の列席者はバージンロードを歩く事はマナー違反とされています。
列席するゲストは、遠まわりでもチャペル脇から歩いて席に着かなければなりません。

新婦様が入場する際の扉が開く瞬間は、花嫁が誕生した瞬間を表しています。
新婦様をエスコートをするのはお父様がされる事が多いですが、特に決まりはございません。
ただ、一家の大黒柱であるお父様がエスコートをされるのが一般的です。
お父様の代わりにお母様やご兄弟姉妹にエスコートをお願いする、という新婦様もいらっしゃいます。
また、お父様とお母様の3人で歩く新婦様もいます。
新婦様にとって、お父様もお母様も、愛情をたっぷり注いで育ててもらった大切な存在です。
2人からもらった愛情を振り返りながら、新婦様は新郎様のもとへ歩みを進めて行きます。
そして、これまで支えてくれたお父様とお母様から、これから新しく新婦様を支えていく新郎様へ受け継がれていきます。
この瞬間、娘からお嫁さんに変わるのです。

a bride and her father walking down the aisle on her wedding day

●バージンロードを歩く際のポイント●

新郎様が入場する際、照れもあってから早足で歩いてしまう方がとても多いです。
せっかく列席者が見守ってくれているので、いつもよりもゆっくり歩くことをおすすめします。

また、新郎様や新婦様の前を歩くリングボーイやフラワーガール、トレーンベアラーも人気の演出です。
結婚指輪をのせたリングピローを持って新郎様の前を歩くのがリングボーイ。
小さなかごに入った花びらをまきながら新婦様の前を歩くのがフラワーガール。
新婦様の長いベールを持って後ろから歩くのがトレーンベアラーです。
緊張感ただよう雰囲気の挙式が、子供たちの入場で一気に和みます。
ここで1点アドバイスとしては、あまりにも小さいお子様ですと立ち止まって泣きだしてしまうこともしばしばあります。
対処法としましては、少し年上のお子様と小さなお子様のペアにすることをおすすめします。
年上のお子様にリングピローを持ってもらい、2人で手をつないで入場してもらうとスムーズです。

 

<結婚指輪の交換>

結婚指輪の交換にも意味があるのをご存知でしょうか?
結婚指輪のはじまりの歴史は2,000年以上前にもさかのぼり、結婚指輪の習慣は、ローマ時代から始まったといわれています。
一説には、当時のローマ教皇が、誓いのしるしとして鉄の指輪を用いるようにしたことが始まりだといわれています。
相手から贈られた指輪をはめるということは、すなわち「約束を必ず守る」ことを意味したそうです。
結婚式で指輪が交換されるようになったのは、16世紀になり教会で結婚式が挙げられるようになったことがきっかけだといいます。
この儀式が西洋から日本に伝わり、リングは「永遠」を意味すること、リングの円が途切れることのない永遠の絆や愛情を表していることから定番の儀式となりました。

また、結婚指輪を左手の薬指にはめることにも意味があります。
古代ギリシャでは左手の薬指と心臓はつながっていると考えられていたそうで、お互いの心と心をつなぐという意味から左手の薬指に指輪をはめるという習慣があったそうです。
古代エジプトでも左手の薬指に指輪をはめると決められていました。左手の薬指を流れる静脈が心臓とつながっていると信じられていたそうです。

心臓は人間の感情を司る部分、いわゆる「心」と表現されることが多いですね。
結婚とはお互いの心をつなぐ、かよわせるという意味も込められているような気がします。

現在の結婚指輪の素材は、プラチナやゴールドが多いですが、古くは鉄のリングだったといわれています。
鉄は愛の強さを示すものとされていたのです。
結婚指輪の歴史や意味をひもとくと、大事にしたい儀式だという思いが湧いてきますよね。

Hands of the groom and the bride with wedding rings and a wedding bouquet

●指輪交換をする際のポイント●

結婚式の本番では、指輪がなかなかはまらず、思わず笑いが起こることもあります。
より感動的な挙式にしたい方にとっては、雰囲気が台無し!と思ってしまうかもしれません。
式場によっては当日実際に指輪をはめるリハーサルをしない場合もあります。
できれば事前に自宅で指輪をはめる練習をしておきましょう。

 

<誓いのキス>

誓いのキスをする前に、新婦様の顔に覆われたベールを新郎様がそっと上げることにも意味があります。
邪悪なものから花嫁を守るといわれるベールを新郎様が上げることで、2人の間の障壁がなくなり、2人が一緒になれるという意味があります。

●誓いのキスをする際のポイント●

新郎様は慌てずに、ゆっくりと新婦様のベールを上げましょう。
顔がみえるようにベールを整えてあげることも忘れずに。
この際新婦様は、ベールダウンの時と同様、前かがみで背中が丸まらないよう、背筋をピンと伸ばしておくことが大事です

誓いのキスは必ずしも唇でなければいけないわけではありません。
唇にすることに抵抗がある場合は、頬やおでこでもかまいません。
リハーサルなどであらかじめどこにキスをするのか決めておきましょう。
キスをする場合は、列席者やカメラマンに見えやすいように祭壇側に顔が向くようにしましょう。
照れて一瞬でキスを済ませようとする方がいらっしゃいますが、その場合はキスの瞬間を写真や映像におさめられない場合があります。
心の中でゆっくり3秒数えてから離れることをおすすめします。

 

 

 まとめ

 

いかがでしたか?
前編では日本の挙式の成り立ちや挙式のスタイルのご紹介をさせていただきました。

また、一番人気の教会式についてはひとつひとつの儀式に意味があることをご存知ではなかった方もいらっしゃると思います。
意味を知ることで、この儀式を大切にしよう、こんな意味があったならこの儀式も取り入れてみよう、そんな風に思い直した方も多いのではないでしょうか。

PART.2では、人前式についてのご紹介をさせていただきます。
ぜひご覧ください。

 

 

jun

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP